宮崎・鹿児島の定期報告は大神設計にお任せください。

Ohgamiでは建築基準法で定められた建物の定期調査を行うだけでなく、お客様の建物をより適性に維持・管理するためにプロの立場からアドバイスを行い、お客様の大切な資産を事故や災害から守ります。しっかりと調査された建物は資産価値も上がります。
おもに九州エリア(福岡県・長崎県・佐賀県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県)を中心とした西日本全域の実績が多数ございます。

おもな実績

宮崎県

平田東九州病院

トトロみのる園

土都楼

宮崎医師会館

かんぽの宿日南

コンフォートホテル宮崎
鹿児島県

鹿児島地方法務局

鹿児島中央駅ビル

かのや東病院

国交省宿舎

鹿児島伊集院市マンション

鹿児島市マンションI

昭南病院

鹿児島市マンションII

対応業務

建築設備建築物防火設備外壁調査(赤外線他)
※建築設備(毎年)だけでなく、建築物(3年に1度)も同時に調査することでお安くご提供できます。

定期報告は、所有者・管理者に課せられた義務です。

定期報告をしなかったり、虚偽の報告を行った場合は罰則の対象となります。

建築基準法では、建築物の所有者、管理者叉は占有者は、その建築物(遊戯施設などの工作物を含みます。)の敷地、構造及び建築設備を常時適法な状態に維持するように努めなければならない(第8条第1項)とされています。さらに、特定行政庁が指定する建築物(昇降機などの建築設備や遊戯施設などの工作物も含みます。)の所有者・管理者は、定期に、専門技術を有する資格者に調査・検査をさせ、その結果を特定行政庁に報告しなければなりません(法第12条1項及び第3項)。
つまり、適切に維持管理するとともに、定期的な調査・検査の結果を特定行政庁に報告することは、所有者・管理者に課せられた義務であり、定期報告をすべきであるのにしなかったり、虚偽の報告を行った場合は、罰則の対象(百万円以下の罰金)となります。

定期報告の流れ

お客様(定期報告義務者)に行政から定期報告に関する案内が届きます。
Ohgamiでは、ご相談・無料見積りを承っております。
調査・検査資格者に調査を依頼します。
Ohgamiでは、プロの調査士が調査を行いますので安心です。
調査会社が建物を調査し定期報告書を作成。行政へ提出します。
Ohgamiでは、お客様に調査内容の説明とアドバイスを行い、その後行政へ提出します。
Ohgamiならではの特典!
特定行政庁に書類を提出するだけでなく、報告義務のない項目の調査・検査結果も報告書にして提出します。今後の建物の維持管理にお役立てください。

Ohgamiでは特定建築物定期報告のお見積りを無料で行っております。
検査・調査費用や相場、定期報告の料金等お気軽にご相談ください。
特定建築物定期報告は実績豊富な大神設計にお任せください。